地震災害の時の対応について

こんにちは 社長の本田です。

東日本大震災の現状をTVで見て ここは同じ日本なのか?と
目を覆いたくなるようなひどい惨状に 心痛めています。

地震や津波で災害に遭われた方、大切な方が被災されている方、
未だ連絡が取れない方がいらっしゃる方、心からお見舞いを申し上げます。
亡くなられた方に心からのご冥福をお祈りします。
一日も早い救済、支援供給、復興を、心よりお祈り申し上げます。

阪神大震災の時の事を元に 地震に対する対策や 注意点を

≪ 地震が起きたら・・・ ≫

*家に居る人は

・火を消し ガスの元栓を締めましょう。

・地震が起きたら、必ず窓やドアを開けましょう。
 (避難通路を確保します)

・お風呂に 水をためましょう。
 (我が家では 普段からお風呂の残り湯を捨てない習慣をつけています)
 (断水した時に トイレや手洗いに使えます)

・電気が通じる時は、ご飯を炊いておきましょう。
 (おにぎりを作る時は 食中毒を防ぐ為にも ラップで作ると多少長持ちします)

*家屋について
・ X字の亀裂が入っている所は崩壊しやすいので特に注意が必要です。

・ 地震で停電している時は、電線がダメージを受けている可能性があります。
  ダメージを受けたまま電気が復旧した時が 一番危険です。
  漏電火災などの2次災害にも 注意しましょう!
  阪神淡路大震災では それで多くの方が命を落とされたので、
  漏電火災による二次災害の恐れがありますので
  出来るだけ メインのブレーカーを落としてください。
  ブレーカーを触るのが怖い方は 家中のコンセントを抜いて回るだけでも 
  電気が復旧した時の危険が多少なりとも回避されます。

  万が一の為に
  ストッキングを履いてる女性はできるだけ脱いだ方が良いそうです。
  火傷したら広がるそうですよ。

 
* 災害用伝言ダイヤルの使い方

  171 + 1 + 家の電話番号 で 伝言吹きこみ
  171 + 2 + 家の電話番号 で 伝言再生

  連絡が取れない いざと言う時の為に 
  家族で落ち合う場所を いくつか決めておこうと思いました。 
 

* 電気の使用に関して

 東京電力の発電が損傷したので、節電を呼びかけています。
 被災地方の方が 夜中に貯電が切れ停電する可能性があるそうなので
 関東の方では 計画的に停電も行なわれるそうです。
 関東以外の地区でも 自主的に節電に協力しましょう!
 私も 早速 会社と自宅の使っていないコンセントを抜き 
 暖房の温度設定を下げました。 
 わずかな事でも みんながやれば 大きな力となる そう思います。
  

阪神大震災後 しばらくは我が家でも災害用に備蓄をしていたものの 
今では もう何も準備していていません。 
これを機に また災害用に いろいろ備蓄しなければと思いました。

いざという時 何が必要か、その時になってから必要な物を
すべてまとめるのは困難だと思います。
今から 出来る事を少しづつ準備し 備える事によって 
少しでも落ち着いて行動できたり
少しでも心に余裕が生まれれば いいと思います。 

まず! 外に出る時は 丈夫な靴!と 手袋と 防寒具で!!
落下物の危険もあるので 帽子もかぶりましょう。

緊急避難する際は 車ではなく 自転車で避難する方が 確実だそうです。
今回 津波に巻き込まれた方の多くは 車で避難されて混乱の渋滞に巻き込まれた
とTVで報道されていました。 

【準備として、避難の際に持っていたい物 】
 ・現金
 ・身分証明書
 ・印鑑・預金通帳・保険証
 ・飲料水(1人1日3リットルが目安)
 ・非常食(缶詰・チョコレート等)
 ・携帯電話と非常用充電器 ラジオ 懐中電灯
 ・ホイッスル(倒壊に巻き込まれた際に最小限の労力で居場所を伝えられ
         生存率が格段に上がります)
  携帯電話でも 「0」か「#」の長押しで 防犯ブザーが鳴る機種があります。

 ・ナイフ ライター 紐 ガムテープ
 ・ロウソク (火事の心配があるので 出来るだけ懐中電灯を使うのがいいのですが
        ろうそくを使う場合は 安定している所やロウソク立てを使いましょう。
        出来るだけ 子供やペットから離れた場所に置くのがいいそうです。
        結婚式のキャンドルサービスで使った大きなロウソク
        押入の中に眠っていませんか?)
 ・ゴミ袋(簡易トイレにも 防寒着にも 雨具にも 使えます)  
 ・タオル 
 ・ラップ(身体に巻くと保温効果もあり 包帯の代わりにも 
      お皿の上に引いて使えばお皿を洗わなくて済みます)  
 ・アルミホイル (簡単な調理や お皿代わりに使えます)

 ・着替え(下着) 生理用品等
 ・眼鏡の予備 常備薬(出来れば2週間分位)
 ・家族の写真(はぐれた時の確認用) 
 ・母子手帳やオムツやミルク等(乳幼児がいる場合)

 ・カセットコンロ カセットボンベ(3~6本)
   (ロウソク同様 火の取り扱いには注意が必要です)
 ・あれば 卓上IHコンロ(阪神大震災の時電気の復旧の方が早かった)

今 思いつく所を 思いつくまま 書きました。
 
何も無い事に越した事はありませんが やはり「備えあれば憂いなし」
私達に出来る事を 微力ではありますが 行えたらと思います。

今日もメーカーさんが来られて 他の営業所に東京や東北があって
いまだ連絡が取れない状況が続いている とか
工場が 関東や東北で壊滅状態で 商品が壊れたり新しく作れなくて
納期が間に合わないと 混乱が続いています。

メーカーからも 地震の影響についての対応のお知らせが続々と届いております。
工事でも ご迷惑をおかけするかと思いますが 何卒ご協力の程お願い致します。 

* * * * * * * * * * * * * * * * * * * 
大阪府堺市で ちょっとかわった!?アットホームな建築屋やっています。
ゆっくりご覧になっていって下さい~♪
榎建設のHPへ      
お知らせのページへ 
イベント情報 ブログへ  
嫁さんのブログへ   
* * * * * * * * * * * * * * * * * * * *
 

Comments are closed.