Archive for the ‘リビング’ Category

本田邸リモデル④ 和室

火曜日, 8月 4th, 2009

page |1|2|3|4|5|6|7|8|9|10|11|
 
 
今回の2F全面リフォームで 唯一残す事になった和室

床の間に飾り棚、照明器具つける所に彫り物入っていて 
いかにも 『和室!!』 でした。

今回は リビングとつなげるから、いかにも 『和室!!』 が嫌で
すっきりシンプルな和室にしたくて。
 
 
wasitu_old01.jpg
 
 
私が出した要望は・・・床の間の飾り棚を取って、
床の間の段と畳を フラットな板の間にして欲しい!

床柱を 普通の白木にして欲しい!
天井の照明の彫り物も嫌だから埋め込みの照明にしたい!!

リビングと和室の扉は 和室にもリビングにも合う
開口部が全部開け閉めできて、光を通す扉をつけたい!

畳も出来れば 琉球畳にしたい~!
 
 
wasitu_old02.jpg
 
 
担当のうちの部長と大工の棟梁は 「・・・」 
鳩が豆鉄砲食らったような顔でした。

相当二人の頭を 悩ませまてしまいました。
 
 
wasitu01.jpg
 
 
スッキリ 広々 和室リビングの完成~!

一番の要望の床の間の飾り棚と段は 撤去出来たのですが、
問題は床柱・・・

天井と壁を壊さなければ取替が出来ず、費用の面でも 工事の面でも
簡単にはいかなくて・・・仏壇もある事だから しぶしぶ残す事になりました。 

でも、仕上がってみると心配していた重さもなく、
かえって いいアクセントになっています。

段を落とした1畳分のすっきり床の間のおかげで、和室に広がりが生まれました。
この床の間に 叔父が書いてくれた掛け軸、ランプ照明、小さな草花など飾っています。 

棟梁の頭を 相当悩ませた床の間だけど 今 私のお気に入りの場所です。

畳は予算の都合で 琉球畳は出来なかったけど、その分 床暖をつけて、
和紙の畳にして、畳のひき方と縁は ちょっとこだわりました。
 
 
wasitu02.jpg
 
 
和室とリビングの間には格子の可動間仕切り扉をつけました。

和室にもリビングにも違和感がなくて、
光を通してくれるこの扉がこの家のアクセントになっています。

あまり締め切ることはないけれど、
部分的に閉めることも出来て目隠しにもなるので重宝しています。
 
 
partition04.jpg
 
 
はじめは 引き戸を考えていたけれど、開口部を全開にするには
床に何本もレールが必要で 閉めた時 扉が段々になることが嫌で
可動間仕切りにしました。

レールは1本だし、閉めると扉がフラットになるし、 
何よりこのデザインが気に入って!

全開にした時は たたんだ扉がちょっと邪魔になるけれど。

なので 今 折戸と壁の間に収まる天井までの薄型収納を探しています。
市販の棚だと 鉄骨の梁がネックになっています・・・。
 
 
partition02.jpg
 
 
1つだけ難点と言えば・・・可動間仕切りの格子柄のお掃除。

和室側は掃除機で ホコリを取れば綺麗になるけれど・・・
リビング側は どうしても油煙がつくので、定期的にお手入れが必要で
格子柄がちょっと手間がかかるなぁ・・・
 
 
partition01.jpg
 
 
照明の彫り物も 撤去せず 一段へっこんだ所に 普通の蛍光灯を取り付けて、
半透明のアクリル板を取付け 簡単埋め込み照明にしました!! 

うっすらと彫り物が透けて見えていい感じです♪
 
 
wasitu04.jpg wasitu05.jpg
 
 
page |1|2|3|4|5|6|7|8|9|10|11|