トップ > 榎ネットワーク > よしだ鍼灸整骨院
南海本線 貝塚駅東出口より徒歩約3分。 平成19年6月に開院した 「よしだ鍼灸整骨院」
入り口を入るとすぐに待合室がある。
靴を脱いで受付までの間仕切りが無く、ほぼバリアフリーの状態はお年寄りやけが人を気遣う配慮なのか
入り口は全てガラス張りなので、明るさと開放感に包まれている。
低周波やマイクロ波、干渉波などの機器 は普通の整骨院と変わらない。 目に付いたのが ウォーターベッド
寝心地がいいとは聞いているが、 何の治療に役立つのかという疑問に 吉田晴一院長 は答えてくれた。
「ベッドの中の水流が体をマッサージするので、ローラーベッドのように痩せた人でも痛みを感じない。
ふわっとした感触で全身の力が抜けてリラックスできる」 という。 同行のスタッフがベッドに横たわり実感した。
もう一つ見慣れない形をしたベッドがあった。 漢方ベッド (漢方温熱療法)
漢方薬 (漢方の薬草) の蒸気で身体を温めて、身体の内部の免疫力を高めようというもの。 若い人にも人気があるという。
普通は 低周波治療 を終えるとそのままのベッドで手技を施すのだが、こちらでは カイロベッド に移る。
隣のベッドの人を気にすることなく気持ちが落ち着く。 ここから 吉田院長のマンツーマンの手当て が始まる。
同行スタッフが院長の手当てを受けた。
約10分後には首と肩が軽くなり半ば睡眠状態に陥っていた。
鍼灸 では、衛生面を考えて ディスポ鍼 (使い捨て) で毎回新しい鍼を使い、安全面も考慮されている。
お灸といえば、熱いというイメージがあるが こちらでは小さな筒に入ったもぐさに火をつけ、 筒の中に熱が伝わりツボを刺激する。
お灸が初体験の同行スタッフも 「ポーっと暖かで気持ちいい」 と感想を漏らした。 跡形も残らない。
入り口から見ると奥行きは想像以上の広さだった。
器具の配置などは 患者に圧迫感を与えないような気配り がなされていた。
人と接する事が好きという院長の性格と、屈託の無い笑顔が患者を癒しているのかも知れない。
● マッサージ・指圧・カイロプラクティック
※ 各種保険取扱・事故・労災
● スポーツ障害・スポーツテーピング など
● 骨盤矯正・四十肩・五十肩
● はり・お灸・膝痛・肩こり・腰痛・骨折・捻挫
〒597−0083 大阪府 貝塚市海塚109-1
土曜午後・日・祝日
072−437−2320
南海本線 貝塚駅より 徒歩3分
駐車場有り
水彩工房
榎建設 トップページ
榎建設 会社案内
榎建設 設計・施工例
榎建設 モデルルーム
榎建設 お知らせ
榎建設 イベント
榎ネットワーク
リフォーム関連リンク